自宅マンションの管理組合での話

自宅マンションは100戸程度の中規模マンションですが、管理組合の役員は一年ごとに半分が交代するという形を取っています。高齢者やその他の特別な理由がない限りは10数年に一度の割合で役員をしなければなりませんが、それが我が家に回ってきました。
それも、どうしたことが理事長をしなければならなくなりました。他の数人の理事であっても、基本的にはその部屋の男性が理事となるのですが、実際に数カ月に一度しか開かない理事会においても理事長である私を除いては男性の奥さんがでてくるときの方が多いのです。出席する人も半分程度がくればいい方で、2,3人で理事会を開催するということも珍しくありませんでした。
ただ、私が理事長をした時にはマンション自体に大きな案件はなく、人数が集まらなくともあまり支障はありませんでしたが、ある時には何と私とある部屋の奥さんの二人の理事会になってしまいました。二人での理事会ですと、話し合う議題も議論にもならずあっさりと決まって、そのあと世間話をなどをしていました。
別にお酒が入っていたというわけではありませんが、いつの間にかお互いの配偶者の愚痴を言い合うようになり、雰囲気が盛り上がってしまい、ついに行きつくところへ行ってしまいました。同じマンションの住人同士が軽率であったと言えるかもしれません。
実際にはその一度きりでありましたし、私の部屋と奥さんの部屋とは離れているので、役員を離れてしまえばほとんど顔を合わすことはありません。同じマンションでの不倫はあまりにリスクが高すぎると思います。